◎ 海外・日本のカスタマーサポートの違い   ECサイトを利用するメリットは、24時間365日、いつでもどこでも簡単にウェブで商品を買えることです。ただ、気軽に商品を買うことができる一方で、購入商品のキャンセル・返品・返金も簡単になってしまいます。ECサイトでの買い物は日本国内での買い物と違い、商習慣やカスタマーサポートが違うため注意も必要です。 例えばECサイトで最大級の靴専門店のザッポスでは、無料試着ができる上、購入後90日以内であれば理由を問わず返品が可能です。店によっては、返品理由が「もう使わない」「やっぱり気に入らない」というものでも受け付けてくれる場合もあります。このように、海外で販売するには相手がどのような理由で返品してくるのかも理解する必要があります。 ◎ 越境EC・海外から返品される10の理由   1. 不良品だった 2. 商品に一部欠陥があった 3. ウェブサイト上の商品画像・説明と商品が異なっていた 4. 違う商品が届いた...

| ブラジル市場規模 ブラジルは、ラテンアメリカで最大のeコマース市場規模で、南米のリーダー的存在です。人口も多く中間層が多いのも特徴です。海外販売・取引を考える際に無視できない存在感を誇るのがブラジルです。 | ブラジル基本情報 ・グローバルeコマースランク:9位 ・2015年EC取引流通額:200億ドル ・人口:2億400万人 ・15才以上の人口:1億5940万人 ・都市部の人口:86%...

Category:

| カナダ市場規模 カナダの経済は、安定成長していますが、国土が広く物流網があまり充実していないため、eコマース市場はゆっくり成長しております。しかし、カナダ人の17%以上が週一回以上、モバイル経由で商品を購入しています。特に、ミレニアム世代(18-34歳)では、30%以上の方が少なくとも週一回、モバイル経由で買い物をしています。 | カナダ基本情報 ・グローバルeコマースランキング:世界第8位 ・2015年EC取引流通額:270億ドル ・人口:3,600万人 ・15才以上の人口:3,030万人 ・都市部の人口:80%...

Category:

  |オーストラリア市場規模 オーストラリアは、アジア太平洋地域で2番目に大きなオンライン(ネット)人口と安定した経済基盤で、EC(B2C)市場は安定した成長を続けています。 2015年には、EC取引全体の約35%がモバイル端末で行われています。 |オーストラリア 基本情報 ・グローバルeコマースランキング:世界10位 ・2015年 EC取引流通額:222億USドル(世界シェア:9%) ・人口:2,400万人...

Category:

| フランス市場規模 低成長率ではありますが、安定した経済成長を維持しているフランス市場です。特にファッション・アパレル関連の商品に関しては旺盛な購買意欲を持っております。2015年のヨーロッパのB2C E-coomerce市場では第二位の市場規模を誇っております。フランスの場合、5件に1件の割合で、オンラインでの買い物はモバイル端末を使用して行われており、モバイル端末による取引は昨年で100億ドル近くまできています。 | フランス基本情報 ・グローバルeコマースランク:世界第6位 ・2015年EC取引流通額:420億ドル(世界シェア11%) ・人口:6,500万人 ・15才以上の人口:5,400万人...

Category:
1 / 612345...最後 »

Get the Newsletter

Email *

海外販売・越境ECのトレンド・ 活用方法をご紹介

  • ・海外で人気のデザインを紹介
  • ・海外SEOに強いストア名の解説
  • ・越境ECサイトのおススメ紹介
Download now

Featured Posts

Popular Posts

Ready to discuss your Project ?

資料請求・見積書依頼

Featured Blog Article

flag of France
Category:

【フランス編】越境EC・海外販売でフランスに売るために知っておくべきこと

View Blog

Download Our E-Book

海外販売・越境ECのトレンド・活用方法をご紹介

  • ・海外で人気のデザインを紹介
  • ・海外SEOに強いストア名の解説
  • ・越境ECサイトのおススメ紹介
ダウンロード