【スペイン編】越境EC・海外販売でスペインに売るために知っておくべきこと

| スペイン市場規模

スペインは、ヨーロッパの中でも国内及び越境EC取引において、比較的大きなマーケットではありません。スペインのB2C eコマースの市場規模は2017年には280億USドルに増加すると予想されています。
スペインの消費者は、より安価な商品を国内外問わず探して購入しております。
また、スペインではモバイルによる商品購入の成長が著しく、小売店のオンラインストアでは、モバイル経由の購入が約65%も増えております。

| スペイン基本情報

・2015年EC取引流通額:201.37億ドル
・人口:4,680万人
・15才以上の人口:3,930万人
・都市部の人口:78% (thepaypers)
・GDP:11,997.2億ドル
・GDPに占めるイーコーマスのシェア :1.68%
・言語:スペイン語
・起業しやすい国の世界ランキング:33位

| インターネット事情

・インターネット利用者人口:3,140万人 (80%)
・EC(イーコマス)を通じて商品購入経験者:1,660万人 (42%)
・Facebookの利用者人数 :2,200万人

| スペインのEC(イーコマース)市場の展望

スペインのeコマース市場全体は比較的小さく、スペインの小売りの市場規模の5.0%の取引しかありません。
米国で7.2%、ノルウェーで10.0%、英国で14.4%、中国で15.9%です。
2019年の スペインのeコマース市場規模は、全体の7.2%になると予測されています。

| 越境EC取引(Cross Boarder)動向

スペインでは、越境EC取引での購入件数はB2C eコマースの市場規模の56.5%を占めています。
また、取引件数では市場規模の46.2%を占めており、越境EC取引が多い国の一つです。
購入先国として、主にイギリス(14.2%)、中国(12.5%)、アメリカ(10.3%)、ドイツ(9.9%)から購入しています。
購入している商品は、家具・アパレル・靴などです。

| その他、決済方法・関税等

スペインで利用頻度の高いクレジットカードは、VisaとMasterCard(それぞれ57.1%と39.9%のシェア)です。
その他支払方法として、Allopass、現金払い、SafetyPay、TeleingresoまたはTrustlyが含まれます。
スペインでは、モバイル経由での商品購入も増え約38%を占めており、イギリス・ドイツ・フランスと比較しても、
モバイル経由での商品購入は高いと言えます。イギリスではモバイル経由での商品購入率は約25%でした。

0 Responses to 【スペイン編】越境EC・海外販売でスペインに売るために知っておくべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get the Newsletter

海外販売・越境ECのトレンド・ 活用方法をご紹介

  • ・海外で人気のデザインを紹介
  • ・海外SEOに強いストア名の解説
  • ・越境ECサイトのおススメ紹介
Download now

Ready to discuss your Project ?

資料請求・見積書依頼

Featured Blog Article

Category:

【フランス編】越境EC・海外販売でフランスに売るために知っておくべきこと

View Blog

Download Our E-Book

海外販売・越境ECのトレンド・活用方法をご紹介

  • ・海外で人気のデザインを紹介
  • ・海外SEOに強いストア名の解説
  • ・越境ECサイトのおススメ紹介
ダウンロード