【韓国編】越境EC・海外販売で韓国に売るために知っておくべきこと

| 韓国市場規模

IT先進国の韓国は、アジア地域に第3位のeコマース市場です。世界第1位のモバイル普及率で、過去2年間のスマホ・モバイルの売上が64%増加しました。

| 韓国基本情報

・グローバルeコマースランク:7位
・2015年EC取引流通額:389億ドル
・人口:4,900万人
・15才以上の人口:4,370万人
・都市部の人口:82.5%
・GDP:1.4兆(11位)
・GDPに占めるイーコーマスのシェア :
・平均的な世帯の所得:48,000USD
・平均年齢:40.2歳
・言語:韓国語 (97%), 中国語 (2%), 英語(1%)
・起業しやすい国の世界ランキング:4位

| インターネット事情

・インターネット利用者人口:3,710万人(85%)
・スマートフォン普及率 世界ランキング:1位(89%)
・EC(イーコマス)を通じて商品購入経験者:2,500万人(57%)
・Facebookの利用者人数 :1,700万人
sp;

| 小売店の動向

テクノロジーが進歩することでで、韓国の消費者は実店舗が減り始め、ECサイトでストアに移行してきています。韓国は世界最速のネット環境・通信速度なのは有名です。これに伴い、オンラインビジネスが増加しています。

| 韓国のEC(イーコマース)市場の展望

2018年の韓国のeコマース市場規模は、30%増加の、500億ドルになると予測されます。現状ではインターネットユーザーの約65%が、既にオンライン経由で商品を購入しています。

| 越境EC取引(Cross Boarder)動向

越境ECで買い物をする人たちの割合は、25〜34歳(46%)が、最も多いです。韓国の購入者は、主にアメリカ、日本、中国から買い物をします。購入の動機は、製品の品質と割安な価格で海外から購入しています。
韓国のeコマース市場は、海外の消費者からは、あまり人気がありません。購入している国の中では、シンガポールの消費者は、海外からの購入先として韓国を選んだのは、約21%でした。中国では比較的、安定して16%程度の割合で韓国から商品を購入しています。

| その他、決済方法・関税等

支払方法としては、クレジットカードとデビットカード(52%)で、次いで口座引き落とし(16%)、銀行振込(10%)となっています。

0 Responses to 【韓国編】越境EC・海外販売で韓国に売るために知っておくべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get the Newsletter

海外販売・越境ECのトレンド・ 活用方法をご紹介

  • ・海外で人気のデザインを紹介
  • ・海外SEOに強いストア名の解説
  • ・越境ECサイトのおススメ紹介
Download now

Ready to discuss your Project ?

資料請求・見積書依頼

Featured Blog Article

Category:

【フランス編】越境EC・海外販売でフランスに売るために知っておくべきこと

View Blog

Download Our E-Book

海外販売・越境ECのトレンド・活用方法をご紹介

  • ・海外で人気のデザインを紹介
  • ・海外SEOに強いストア名の解説
  • ・越境ECサイトのおススメ紹介
ダウンロード