【中国編】越境EC・海外販売で中国に売るために知っておくべきこと

| 中国市場規模

2015年の世界のeコマース取引市場規模の40%以上を占めています。

| 中国基本情報

・グローバルeコマースランク:1位
・2015年EC取引流通額:6,720億
・人口:13.79億人
・15才以上の人口:11億3670万人
・都市部の人口:56%
・GDP:11.3兆(2位)
・GDPに占めるイーコーマスのシェア :
・平均的な世帯の所得:$11,000USD
・平均年齢:37.3歳
・言語:Mandarin Chinese (99%)
・起業しやすい国の世界ランキング:84位

| インターネット事情

・インターネット利用者人口:5億8310万人(51%)
・スマートフォン普及率 世界ランキング:14位(58%)
・EC(イーコマス)を通じて商品購入経験者:4億1330万人(36%)
・Facebookの利用者人数 :180万人

| 小売店の動向

中国は、世界第二位の経済大国であるとともに、eコマース市場も早くから整えられていて、小売店等も簡単に市場参入でできる環境になっています。近年では中国の中流階級が増えているため、高級品や欧米の商品を好んで購入する傾向が増えています。売上高は2014年と比較して85%増加して、2015年には3,330億ドルに上りました。

| 中国のEC(イーコマース)市場の展望

eコマースの市場規模は他国と比べて大きく、勢いも増しています。中国本土の沿岸部に人口の多くが集まり、内陸部は農村部となっています。徐々にではありますが、内陸部での所得水準も増えてきているので、今後は内陸部での市場規模の拡大が予想されます。

| 越境EC取引(Cross Boarder)動向

2018年のeコマース市場規模は16兆ドルと予想されています。中国国内の小売市場規模の約39%を占める割合です。インターネット経由しで、商品を購入する:デジタルバイヤーの数は、2015年では4億6800万人ですが、2018年には5億5600万人を超えると予測されています。越境EC取引者数の約58%はアメリカ・ブランドの商品を他国商品より好んで購入します。理由として、主に信頼性・利便性で選ばれています。中国からの輸出先で1番多い取引国は、ブラジル(63%)、2番目はアメリカ(52%)となり、海外の多くの人が中国製品を購入しています。

| その他、決済方法・関税等

中国人の選ぶトップの支払い方法は、オンライン決済(31%)、次いでデビットカード(26%)です。クレジットカードは中国では一般的ではありません。

0 Responses to 【中国編】越境EC・海外販売で中国に売るために知っておくべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get the Newsletter

海外販売・越境ECのトレンド・ 活用方法をご紹介

  • ・海外で人気のデザインを紹介
  • ・海外SEOに強いストア名の解説
  • ・越境ECサイトのおススメ紹介
Download now

Ready to discuss your Project ?

資料請求・見積書依頼

Featured Blog Article

Category:

【フランス編】越境EC・海外販売でフランスに売るために知っておくべきこと

View Blog

Download Our E-Book

海外販売・越境ECのトレンド・活用方法をご紹介

  • ・海外で人気のデザインを紹介
  • ・海外SEOに強いストア名の解説
  • ・越境ECサイトのおススメ紹介
ダウンロード