●越境EC・海外からの商品購入に踏み切れない10の理由

◎越境EC・海外から商品を買う際に躊躇すること

インターネットが広く普及している昨今、スマートフォンなど新たなデバイスも増えたことで誰でも簡単に海外のECサイトやマーケットプレイスにアクセスをして商品を見ることができるようになりました。決済についても、ウェブ決済代行会社PayPalのようにセキュリティがしっかりしているクレジットカード決済が導入されている店が多いことで、安心して購入することができます。
また、商品の比較サイトやソーシャルメディアも同様に普及してきたことにより、商品の評判や感想など、実際に使用した人の声をリアルタイムで得ることができるようになりました。
しかし、海外から個人で商品を購入するということはまだまだハードルが高いイメージがあります。

海外から商品を購入することに抵抗がある理由とはいったい何でしょうか?

◎越境EC・海外から商品をためらう10の理由

1. 配送料金の高さ、関税の発生
2. 無事に到着するか、何日もかかってしまうのかが心配
3. クレジットカード情報が悪用されないか不安
4. 購入前に試着・試用ができず、商品の品質がわからない
5. 返品・返金時の手続きが複雑で面倒
6. 商品についての質問をどこに連絡したらいいのかわからない
7. 個人情報の管理体制や情報漏えいが心配
8. 詐欺に遭うのではないか
9. 商品が偽物の可能性はないか、著作権の侵害にあたる商品ではないか
10. 何かあったときの法的対応やプロセスがわからない

1. 配送料金の高さと関税の発生

海外からの配送となると、どうしても配送料金が高くなってしまいます。しかし、店がどの配送業者を利用しているかにより料金が異なったり、店側の設定で一定額以上であれば配送料が無料になったりなど、さまざまな条件があるため、詳しく調べることで安くなる可能性があります。また、商品の内容や金額により、関税が発生し、それは商品の受け取り時に別途支払います。関税については安くするといった方法はないので、購入前に関税額がどれくらいになるのか調べることが必要です。

2. 無事に到着するか、何日もかかってしまうのかが心配

注文した商品が無事に手元に到着するかという不安があります。国内での買い物と違い、いくつかの配送業者を経由することや、税関を通ることによりどうしても日数がかかってしまう上、荷物の紛失が起こる可能性が高くなるためです。ただし、配送業者の選び方によってはそれほど日数がかからない場合もあります。

3. クレジットカード情報が悪用されないか不安

決済の際にクレジットカードを利用することで、カード情報が店側に伝わり、そこから情報が悪用される不安があります。しかし、クレジットカード決済については店側での直接決済と、決済代行会社を経由する場合があります。決済代行会社の場合は店側にカード情報が伝わることはなく、また、セキュリティが厳重であることから直接決済に比べると安心感があります。

4. 購入前に試着・試用ができず、商品の品質がわからない

インターネットで完結する買い物の場合、届いてみたら思っていたイメージと違ったということが起こり得ます。それは海外からの購入に限らず国内でも同様です。実際、小さな画像だけでは判断はつかないため、ひとつの商品につき画像が複数ある、拡大画像がある、サイズや素材などの詳細が明確に書かれているようなサイトから購入することで極力その落差を減らすことが可能です。

5. 返品・返金時の手続きが複雑で面倒

届いた商品を返品したい時や返金を依頼したい時、言葉の問題もあって言い出しにくく、また何日も待たされることを考えると面倒だと感じます。購入前に、返品・返金ポリシーをよく読み、こういった場合にはどのように対処されるのかをきちんと確認する必要があります。

6. 商品についての質問をどこに連絡したらいいのかわからない

商品の購入前・購入後にかかわらず、商品についての問い合わせをしたい時、どこにどのように問い合わせしたらよいのかわからないという不安があります。カスタマーサポートが充実したお店を選ぶことで、安心して問い合わせができます。店によっては日本語に対応しているところもあります。

7. 個人情報の管理体制や情報漏えいが心配

購入の際に入力した住所や名前などの個人情報をどのように管理しているのか、情報漏洩の心配はないのか、海外のお店からの購入ではそれらの不安もありますが、公開されているプライバシーポリシーをしっかり読むことで店側がどういった考えであるかを知ることができます。

8. 詐欺に遭うのではないか

支払いを済ませたのに注文した商品が届かなかったり、まったく別の商品が届くのではという心配もあります。これについては、どのようなお店なのかを事前に調べ、実際の購入者からのレビューなどを参考にすることで怪しいお店を排除することができます。

9. 商品が偽物の可能性はないか、著作権の侵害にあたる商品ではないか

販売されている商品が偽物である可能性や著作権侵害にあたる可能性もゼロではありません。これについても店がどのようなポリシーで運営されているのか、また、実際に購入した人から偽物の指摘がされていないかなどを調べることで情報を得ることができます。

10. 何かあったときの法的対応やプロセスがわからない

商品の購入に際し、何らかのトラブルが発生した際、どのような法的対応をとったら良いのか、その場合のプロセスがわからないという不安があります。これについても購入前に、購入後のサポートについて確認しておく必要があります。

上記の理由により海外からの商品の購入を踏みとどまることがありますが、これらについては顧客に対しできるだけ情報を明確に開示することで信頼を得ることが必要です。
特に以下の詳しい説明が望まれます。

◎今後の対策

商品説明:具体的な商品情報、原産地、素材、品質、製法、特徴、取扱注意点など
返品・返金のポリシー:誰でも分かるような返品・返金の際の詳しい手順
情報取扱いポリシー(プライバシーポリシー):情報管理の方法、使用用途・取扱、保管方法
配送方法ポリシー:購入・決済から商品発送までの手順、配送会社の指定、追跡番号情報の提供、問合せ先
カスタマーポリシー:購入前後の問合せから不安の解消、商品到着後のフォロー等の対応方法

このように、購入する側の不安な心理状況を把握し、情報を与えることでできるだけ不安を取り除くことで購入に繋がっていきます。

 

 

 

0 Responses to ●越境EC・海外からの商品購入に踏み切れない10の理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Get the Newsletter

海外販売・越境ECのトレンド・ 活用方法をご紹介

  • ・海外で人気のデザインを紹介
  • ・海外SEOに強いストア名の解説
  • ・越境ECサイトのおススメ紹介
Download now

Ready to discuss your Project ?

資料請求・見積書依頼

Featured Blog Article

Category:

【フランス編】越境EC・海外販売でフランスに売るために知っておくべきこと

View Blog

Download Our E-Book

海外販売・越境ECのトレンド・活用方法をご紹介

  • ・海外で人気のデザインを紹介
  • ・海外SEOに強いストア名の解説
  • ・越境ECサイトのおススメ紹介
ダウンロード